交通事故の知識 - 後遺障害について

むちうちの症状と慰謝料についてむちうちの症状、慰謝料の金額、計算方法、後遺障害等級認定のポイントについて解説します

「むちうち」とは?

むちうちとは、追突事故などによって、頭部が鞭の動きのように前後に過度の屈伸をし、首(頸部)の組織に損傷を生じた結果、起こる症状をいいます。

むちうちで現れる症状は、「頭痛」や「めまい」、「肩こり」、「しびれ」などですが、神経根の圧迫が大きければ、神経症状が長く続くことがあります。いわゆる後遺症です。

なお、むちうちと一般的に呼ばれている症状は、正式な傷病名ではありません。診断書では「頸椎捻挫(けいついねんざ)」と記載されることが一般的です。

むちうちの症状

ここで、改めてむちうちが具体的にどのような症状を指すのかおさえておきましょう。

1. 頚椎捻挫型

むちうちの症状の中で最も多く、70~80%を占めるといわれているのが、頸椎捻挫型です。
頸椎捻挫型で見られる症状としては「首回りや胸、背中の筋肉の痛み」「首や肩のこり」「首をのばしたり肩を動かすと痛み、動きに制限が生じる(可動域制限)」などがあります。

2. 神経根損傷型

神経根損傷型のむちうちは、追突事故にあった際の衝撃で、椎間孔の神経根が圧迫されることが原因で発症します。
神経根損傷型では、それぞれの神経がコントロールしている部位(首や腕など)に痛みやしびれなどといった症状があらわれます。

3. バレーリュー症候群

首を損傷した際に、頸部の交感神経や椎骨動脈に異常が出たりすることで発症するといわれています。頭痛やめまい、耳鳴り等多彩な症状が見られます。

4. 脊髄損傷型

事故に遭われる前から首の持病を持っている方が脊椎に損傷が加わることで発症します。

むちうちの慰謝料の金額と計算方法

1.むちうちと後遺障害等級による損害賠償

むちうちで認定される後遺障害等級は、おもに14級9号(局部に神経症状を残すもの)で、まれに12級13号(局部に頑固な神経症状を残すもの)が認定されることがあります。
後遺障害等級が認定されると、保険会社から後遺障害等級による損害賠償金が提示されますが、その算定は自賠責保険基準でおこなわれることがほとんどです。自賠責保険基準での後遺障害等級による損害賠償金の上限は14級で75万円、12級で139万円です。
一方、裁判基準の後遺障害等級による損害賠償は、障害が残ったことにより負った精神的損害を賠償する「後遺障害慰謝料」と、障害が残ったことで得られなくなった(つまり、将来的に得られるはずだった)利益を賠償する「後遺障害逸失利益」の2種類があります。

保険会社は自賠責保険基準をもとに算定を行うが、自賠責保険基準とは別に裁判基準という算定基準がある。

2.裁判基準での後遺障害慰謝料の金額

むちうちに関連する後遺障害等級である14級と12級の裁判基準による後遺障害慰謝料は、以下のとおりです。

14級=110万円 12級=290万円

自賠責保険基準では後遺障害等級に関連した損害賠償金額の上限が75万円ですが、裁判基準では、慰謝料部分のみで自賠責保険基準金額を上回ります。

自賠責保険基準の上限を裁判基準の慰謝料部分のみで上回る。

3.むちうちの後遺障害逸失利益の金額

裁判基準における後遺障害逸失利益は以下の計算式で算出します。

逸失利益=基礎収入×労働能力喪失率×労働能力喪失期間に対応するライプニッツ係数

計算式に出てきた用語について簡単に説明します。

  • 基礎収入 ・・・ ここでいう「基礎収入」とは交通事故時点での現実の収入を指します。
  • 労働力喪失率 ・・・ 後遺障害等級ごとに設定されています。14級は5%、12級は14%と定められています。
  • 労働能力喪失期間に対するライプニッツ係数 ・・・ むちうちの場合、裁判例により14級で労働能力喪失期間5年程度(ライプニッツ係数:4.329)、12級で10年程度(ライプニッツ係数:7.7217)と定められています。

それでは、具体的に後遺障害逸失利益を計算してみます。

①後遺障害等級14級9号で年収440万円の場合

14級の労働力喪失率は5%ですから、次のようになります。
⇒440万円×5%×4.329=952,380円

②後遺障害等級12級13号で同じく年収440万円の場合

12級の労働力喪失率は14%ですから、次のようになります。
⇒440万円×14%×7.7217=4,756,567円

後遺障害慰謝料と後遺障害逸失利益を合わせて考えると、年収440万円の場合、自賠責保険基準と裁判基準の差額は、14級9号で約130万円、12級13号で約625万円ととても大きな金額差があります。

自賠責保険基準と裁判基準には大きな金額差があるケースがある。

むちうちの後遺障害等級認定のポイント

1.CTやMRIなどの検査による「他覚的」診断が必要

むちうち(頸椎捻挫)は頭痛やめまい、肩こり、しびれなどの自覚症状があっても、レントゲン撮影だけでは異常が発見されないケースが多くあります。

そのため、自分がむちうちであることを証明するには、もっと細かく撮れるCTやMRIの画像診断のほか、神経検査などの客観的な検査をしてもらい、受傷の程度も含めて他覚的に頸椎捻挫だと診断してもらうこと(他覚的所見)が必要です。

しかし、むちうちの検査では、医師はレントゲン撮影のみとすることが多いので、その場合には、自分からCTやMRI、神経検査等を希望する必要があります。

2.カルテに結果に記載してもらうなど証拠を残すこと

頸椎捻挫の原因は交通事故ばかりとは限りません。というのも、加齢により頸椎は変形し、神経症状を起こすことがあるので、事故に遭われた方が高齢の場合、保険会社は「頸椎の変形は加齢が原因のため、事故との因果関係は否定します」と主張し、その損害を認めないことがあります。

また、事故当初の検査でレントゲンしか撮らず、画像上で異常が発見されなかったものの、後日になって、痛みがとれないため、あらためてCT等を撮ったところ、初めて異常が発見されるというケースもあります。このような場合でも、保険会社は「事故当時は異常がなかったのだから、事故後に別の事情で首を痛めたのでしょう。事故との因果関係は否定します」と主張し、やはり損害を認めないことがあります。

そのため、事故にあったら速やかに整形外科でCT、MRIその他必要な検査を受けた上で、その結果をしっかりカルテに記載してもらうとともに診断書も取っておくことが重要です。

事故とむち打ちとの因果関係を証明する必要があります

3.治療費を打ち切ると言われたら、まずは医師と相談

交通事故で賠償の対象となる損害の項目には、治療費、通院費、休業損害、慰謝料等があり、むちうちの場合、治療費の打ち切りが問題になるケースが多く見られます。

治療については、本来、「症状固定」といって、「これ以上治療をしてもあとは時間の経過により症状が緩和するにすぎないと判断される時期」まで続き、その間の治療費は原則として損害として認められます。ところが、外見からは判断の難しい神経症であるむちうちの場合、いつ治るかが分からないこともあり、保険会社は、治療開始から概ね3ヶ月くらいで治療費の打ち切りを言い始め、6ヶ月くらいで治療費を打ち切ってくるケースが多いです。

もちろん、「症状固定」を決めるのは保険会社ではなく、一次的には医師、最終的には裁判所ですので、保険会社から治療費の打ち切りを言われたら、まず医師と相談し、治療の必要性を診断書に記載してもらい、保険会社に提出して治療費継続の交渉をしてみることが必要です。

交渉した結果、治療費を打ち切られる場合があります。
その場合、治療費の自己負担を軽減させるため、自由診療(10割負担)から、健康保険等の保険診療(3割負担)に切り替えることを検討しましょう。
また、保険会社が治療費の支払いを打ち切った後も自己負担で治療を続け、実際に「症状固定」した時点で、それまでにかかった治療費を損害として請求する方法もあります。しかし、裁判所が、治療費打ち切り後の治療費の全部を損害として認めてくれるとは限りません。そのため、治療費打ち切り後の治療については、医師と相談しながら慎重に判断する必要があります。
なお、1年以上治療を受けた場合、治療費の一部が不支給になる可能性がかなり高くなります。

関連リンク 治療費負担についてのよくある質問

4.接骨院、整骨院、鍼灸院などで治療を受けるなら医師の指示が必要

むちうちの治療にあたって、病院以外に、接骨院整骨院鍼灸院等で施術を受ける方も多くいらっしゃいますが、医師の指示に基づいたうえ、保険会社の同意を取っておかないと、保険会社がその分の治療費を損害と認めないことがあるので注意が必要です。

特に治療開始から3~6ヶ月を超えて施術を受ける場合は、医師の指示を受けて行わないと、支払いを拒否されるリスクは高まります。

最後に~等級認定を受けるため、早めの精密検査を~

交通事故でむちうちになったにもかかわらず、医師に対する症状の説明が不十分だったり、医師に申告するのが遅れたりすると、後遺障害等級認定してもらえないことがよくあります。
交通事故でむちうちとの診断を受けたら、当初からCTやMRI等の精密な検査を受けるとともに、自らの判断で通院をやめないことが大切です。