交通事故の知識

過失割合について

交通事故の損害賠償をめぐっては、よく被害者と加害者の過失の割合に関して、「追突は0:100」、「ぶつけられて怪我をしたのに保険会社から20:80と言われた」、「保険会社から『あなたにも事故に関して過失があるから』と言われて賠償金を1割減らされた」といった話が出てきます。ここで出てくる割合は「過失割合」といわれ、交通事故では、過失の割合に応じた損害賠償責任を負うことになります。

  • 過失割合とは

    過失割合は、保険会社が厳格に争ってくるポイントです。「基本となる過失割合」や「修正要素」について、仕組みをよく理解しておきましょう。

    過失割合とは
  • 歩行者と自動車の事故の過失割合

    信号機が設置されている横断歩道では、事故の際に信号が何色だったかが、過失割合を認定する際に大変重要です。

    歩行者と自動車の事故の過失割合
  • 自動車同士の事故の過失割合

    交差点での出会い頭事故、駐停車中の車両に対する追突事故、対向車がセンターオーバーして衝突した場合の、3つのパターンの過失割合を解説します。

    自動車同士の事故の過失割合
  • バイクと自動車の事故の過失割合

    バイクと自動車による交差点での右折・直進事故、いわゆる「右直事故」の過失割合について詳しく解説します。

    バイクと自動車の事故の過失割合