交通事故の知識

慰謝料について

慰謝料とは、相手の不法行為によって負った精神的苦痛に対する損害賠償金のことです。交通事故には、傷害慰謝料(入通院慰謝料)、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料の3種類があり、該当する慰謝料が示談金の一部として支払われます。

  • 慰謝料の種類と計算方法

    交通事故の慰謝料の種類と、自賠責保険基準、任意保険基準、裁判基準の3つの算定基準について、計算例を挙げながら解説します。

    慰謝料の種類と計算方法
  • 骨折による後遺症慰謝料

    骨折による可動域制限が後遺障害として認められるためには、医学的な原因を画像診断や検査結果で明らかにする必要があります。

    骨折による後遺症慰謝料
  • 通院3ヶ月の慰謝料

    交通事故の被害にあい、治療のために3ヶ月通院した場合、「慰謝料」はどれくらいになるのでしょうか。その目安となる基準について解説します。

    通院3ヶ月の慰謝料
  • 通院6ヶ月の慰謝料

    一般的に事故から6ヶ月で、保険会社は治療費の支払いを打ち切ってきます。ここでは、通院6ヶ月の場合の、慰謝料の計算方法などについて解説します。

    通院6ヶ月の慰謝料
  • 追突事故にあった被害者が慰謝料で損をしないために

    過失があると主張される可能性がありますが、追突された側は原則、過失や責任がないという姿勢を忘れないことが大切です。

    追突事故にあった被害者が慰謝料で損をしないために
弁護士アイコン

選んで答えるだけ!

交通事故相談チャット