交通事故の知識

後遺障害について

後遺障害とは、交通事故で負ったケガの治療が終了したときに残った障害で、障害の程度によって1級~14級の等級に分類されています。この等級の申請と認定、さらに、後遺障害慰謝料などの算定における自賠責基準と裁判基準の違いについて、くわしく解説します。

  • 後遺障害とは

    交通事故で負った怪我の治療が終了(症状固定)した時点で残った障害のことを「後遺障害」といい、申請をして後遺障害等級認定を受けることができます。

    後遺障害とは
  • むちうちの損害賠償

    交通事故でむちうちとの診断を受けたら、当初からCTやMRI等の精密な検査を受けるとともに、自らの判断で通院をやめないことが大切です。

    むちうちの損害賠償
  • 14級9号と12級13号の違い

    「12級13号」は、残った神経症状が「頑固な」場合で、具体的には他覚的所見があり、自覚症状に適合する治療や症状の経緯がある場合が該当します。

    14級9号と12級13号の違い
  • 後遺障害等級12級6号と12級7号について

    12級6号は手に関する行為障害、12級7号は足に関する後遺障害で、ともに「関節の機能に障害を残すもの」と定義されています。

    後遺障害等級12級6号と12級7号について
  • 後遺障害等級12級8号について

    長管骨(手足にある長い骨)を骨折した方で、折れた骨がくっついたものの、変形が残ってしまったケースが対象になります。

    後遺障害等級12級8号について
  • 高次脳機能障害について

    脳外傷により、脳に深刻な機能障害が発生する障害のことを指します。等級の認定には、交通事故が原因であることの立証が必要になります。

    高次脳機能障害について