交通事故の知識 - 後遺障害について

逸失利益について事故に遭って障害が残ったり、死亡したりしなければ、将来的に得られるはずだった利益

逸失利益とは?

逸失利益とは、交通事故に遭って障害が残ったり、死亡したりしたことによって、将来的に得られるはずだった利益を得られなかった、損害のことをいいます。ケガが治癒した場合は、将来に向かって損害が発生しないため、逸失利益はありません。
逸失利益の補償対象は、家事従事者(いわゆる専業主婦・主夫のことです)、児童、学生も含まれます。事故の時点で無職であっても、働く可能性があった場合は補償対象となる可能性があります。

後遺障害による逸失利益

後遺障害等級が認定された場合の逸失利益は、後遺障害逸失利益と呼ばれます。
後遺障害逸失利益は、症状固定時点で残った症状を後遺障害として自賠責に申請し、後遺障害等級に該当した場合に発生する損害です。後遺障害等級が認定された場合、後遺障害逸失利益の他に後遺障害慰謝料も生じます。
後遺障害逸失利益は、前で述べたように、後遺障害を負ったことで得られなくなった将来の利益(交通事故に遭わなければ得られたであろう利益)を賠償するものであるのに対し、後遺障害慰謝料は、後遺障害を負ったことによって被った精神的損害を賠償するものです。後遺障害慰謝料は等級に応じた金額の基準があります。
一方で、後遺障害逸失利益は等級だけでなく、傷病の内容、職業・収入、年齢、性別も金額に影響を与えます。

後遺障害逸失利益の計算方法

それでは、どのように後遺障害逸失利益が計算されるか見てみましょう。
後遺障害逸失利益の計算方法は次のとおりです。

1.基礎収入 × 2.労働能力喪失率 × 3.就労可能期間に基づくライプニッツ係数

それでは、基礎収入、労働能力喪失率、就労可能期間に基づくライプニッツ係数に分けてそれぞれ説明します。

逸失利益の計算方法(1) 基礎収入

  • 給与所得者…会社員、公務員といった給与所得者は、原則として事故前年の年収を基礎収入として算出します。
  • 事業所得者…自営業者や自由業者、農家といった個人事業主は確定申告での申告所得を基礎収入として算出します。
  • 会社役員…役員報酬のうち、労務提供の対価部分についてのみ賠償の対象になります。
  • 家事従事者…厚生労働省が毎年実施している「賃金構造基本統計調査」の結果をまとめた『賃金センサス』を用いて算出します。兼業の場合で、実収入の方が『賃金センサス』よりも高額の場合は、実収入を基礎収入として算出します。
  • 学生・生徒・幼児…『賃金センサス』を用いて算出します。
  • 高齢者…仕事に就く可能性が現実的にある場合は、『賃金センサス』を用いて算出します。

参考:賃金センサス(p.19、PDF)
賃金センサスとは、厚生労働省が発表している「賃金構造基本統計調査」のことを指します。賃金構造基本統計調査は、毎年、集計され、更新されている統計です。

逸失利益の計算方法(2) 労働能力喪失率

後遺障害を負ったことにより、労働能力がどれくらい低下したのかを表す数値です。認定された後遺障害等級に応じて以下の表を参考とします。その上で、被害者の職業、年齢、性別、後遺症の部位、程度、事故前後の稼働状況等を総合的に判断して評価します。

自動車損害賠償保障法施行令別表第1の場合

障害等級 労働能力喪失率
第1級 100/100
第2級 100/100

自動車損害賠償保障法施行令別表第2の場合

障害等級 労働能力喪失率
第1級 100/100
第2級 100/100
第3級 100/100
第4級 92/100
第5級 79/100
第6級 67/100
第7級 56/100
第8級 45/100
第9級 35/100
第10級 27/100
第11級 20/100
第12級 14/100
第13級 9/100
第14級 5/100

逸失利益の計算方法(3) 就労可能期間に基づくライプニッツ係数

  • 就労可能年数…原則として67歳までを就労可能年齢とし、症状固定日から67歳までの期間を事故によって労働能力喪失期間(損害賠償の対象となる期間)として扱います。ただし、むちうちの場合の労働能力喪失期間は14級で5年程度、12級で10年程度に制限されるのが一般的です。
  • ライプニッツ係数…将来の収入は本来、就労可能年齢まで定期的に基礎収入を受け取るものですが、交通事故で後遺障害を負って逸失利益が発生すると、損害賠償金として一括で受け取ることになります。つまり、将来受け取るべきおカネを前倒しで受け取ることになります。将来定期的に支払われる金額を一括でもらう一時金に換算するための係数がライプニッツ係数です。
    逸失利益として一括で受け取る場合は、前倒しでまとめて受け取るため、利息部分を差し引く調整をおこなう必要があります。その調整計算に用いる係数がライプニッツ係数です。
    実際の計算にあたっては、就労可能年数に対応したライプニッツ係数や平均余命年数に対応したライプニッツ係数を用います。

参考:
就労可能年数とライプニッツ係数表(PDF)
平均余命年数とライプニッツ係数表(PDF)

死亡による逸失利益

死亡した場合も逸失利益(死亡逸失利益)が生じます。死亡した場合の死亡逸失利益は、交通事故で死亡しなければ得られたであろう収入として算出します。
計算方法は次の通りです。

1年あたりの基礎収入×(1-生活費控除率)×就労可能年数に対応するライプニッツ係数