交通事故の知識 - 交通事故の損害について

家事従事者(主婦・主夫)の休業損害家事や育児ができなかった分を休業損害として加害者側に請求することができます

家事従事者、特に専業主婦の方は「家事労働をしているけれども現金収入がないため、休業損害がもらえないのでは?」と思われている方がいらっしゃいます。しかし、実は、家事従事者の方は家事や育児ができなかった分を休業損害として加害者側に請求することができます。

相手方の保険会社が提示する示談額では、自賠責基準である1日当たり5,700円で計算されていたり、兼業主婦の場合にはパートを休んだ分だけが休業損害として提示されていたりするケースが多く見られます。

一方、裁判基準では、女性労働者の平均賃金(平成27年は、年間3,727,100円、1日当たり10,211円)を基礎として家事従事者の休業損害を算出することとされています。

休業損害で損をしないためには

弁護士に示談交渉をご依頼いただくと、裁判基準にできるだけ近い金額になるよう交渉をすることで、休業損害の賠償額を上げられる可能性が高いです。

動画で見る家事従事者(主婦・主夫)の休業損害