交通事故の知識 - 過失割合について

バイクと自動車の事故の過失割合バイクと自動車の、信号のある交差点での事故の過失割合

事故対象 事故現場
単車(バイク)と四輪車 交差点

交差点で、単車直進、四輪車右折の場合の過失割合

平成22年の警視庁の統計によると、単車(二輪車)の死亡事故では、単独転倒が最も多く、それに次いで多いのが交差点での右折・直進事故、いわゆる「右直事故」です。

単車直進、四輪車右折の場合の過失割合は基本として15:85

交差点の、単車直進、四輪車右折の場合の過失割合

単車Aは、信号が青なので直進しました。そこに、向かい側からきた四輪車Bが、同じく青信号で右折し、衝突します。この場合の過失割合は基本として単車Aと四輪車Bで15:85です。

個別の事故の状況で過失割合が変わることも

単車Aの速度違反、四輪車Bの徐行の有無、合図(ウィンカーの点滅)の有無など、個別の状況により過失割合が変わることがあります。

基本A 15B 85
修正要素Bの徐行なし10
Bの合図なし10
Bの早回り右折・大回り右折10
Aの15km以上の速度違反10
Aの30km以上の速度違反20

交差点で、単車右折、四輪車直進の場合の過失割合

単車が右折、四輪車が直進の場合の「右直事故」のケースでは、右折する側の単車の過失の割合が大きくなります。

単車右折、四輪車直進の場合の過失割合は基本として70:30

交差点で、単車右折、四輪車直進の場合の過失割合

単車Aは、信号が青なので右折しようとします。そこに、向かい側からきた四輪車Bが、同じく青信号で直進し、衝突。この場合の過失割合は基本として単車Aと四輪車Bで70:30です。

個別の事故の状況で過失割合が変わることも

単車Aの徐行の有無、合図(ウィンカーの点滅)の有無、四輪車Bの速度違反など、個別の状況により過失割合が変わることがあります。

基本A 60B 40
修正要素Aの徐行なし10
Aの合図なし10
Aの早回り・大回り右折5
Bの15㎞以上の速度違反10
Bの30㎞以上の速度違反20

参考:財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部『民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準 2010』通称「赤い本」

ここで紹介したのは、あくまでも一般的な基本の割合です。個別の事故の状況によって過失割合は異なってきますので、ご自分の事故の過失割合についてご不明な方は、ご相談ください。