広島・4児童負傷事故で禁錮1年 「発作予想できた」 2011年08月10日

広島県福山市で5月、軽乗用車を運転中にてんかんの発作で意識を失い、登校中の児童4人をはねて重軽傷を負わせたとして、自動車運転過失傷害罪に問われたアルバイト警備員の判決公判が広島地裁で行われました。森脇淳一裁判官は「被告は医師から止められていたのに軽乗用車を運転し、てんかんの発作で意識を失って小学生4人をはねた。自宅は公共交通機関の便が悪く、自動車を運転できない不便さは相当のものがあるが、無自覚で安易な姿勢は厳しい批判に値する」と指摘。「発作により人を死傷させる可能性を認識しながら運転を継続した過失は大きい」として、禁錮1年(求刑禁錮1年2カ月)を言い渡しました。

法律事務所ホームワンでは、今後もお客様への情報提供に努めてまいります。

※参照ニュース
2011年8月8日 asahi.com
「広島・4児童負傷事故で禁錮1年 「発作予想できた」」

最新のお知らせ

2018年12月10日
システムメンテナンスに伴うサービス一時停止のお知らせ
2018年12月07日
年末年始休業日のお知らせ
2018年10月12日
【再掲載】ホームワンを名乗った架空請求にご注意ください。
お知らせ一覧