東京地裁、交通事故の後遺症として「軽度外傷性脳損傷」(MTBI)を初の認定」 2010年09月13日

交通事故により脳に特異な損傷を負う軽度外傷性脳損傷(MTBI)になったかどうかが争われた訴訟の控訴審判決で、東京高裁が「脳に損傷を負った」と認めていたことが分かりました。患者団体によると、MTBIを事実上認めた初の司法判断ということです。 同種の訴訟では、(1)事故直後の意識障害(2)脳損傷を示す画像所見(3)受傷直後からの症状の3つがそろった場合に脳損傷と認められてきました。今回の高裁判決では、「MTBIでは症状が遅れて出ることもあり、脳損傷の画像も必ず見られるわけではない」と指摘。(1)~(3)は満たしていないが、後遺症に関し「事故以外の原因は考えられず、脳が損傷した事実は否定できない」と結論付けました。

法律事務所ホームワンでは、今後もお客様への情報提供に努めてまいります。

2010年9月12日 毎日jp
軽度外傷性脳損傷:交通事故後遺症、初の認定 2000万円賠償命令--東京高裁

最新のお知らせ

2018年12月07日
年末年始休業日のお知らせ
2018年12月10日
システムメンテナンスに伴うサービス一時停止のお知らせ
2018年10月12日
【再掲載】ホームワンを名乗った架空請求にご注意ください。
お知らせ一覧