• トップ
  • メディア情報
  • 文化放送『くにまるジャパン 極』に中原俊明代表弁護士が出演/666回テーマ 「追突事故に遭った場合、被害者がとるべき対応」編

文化放送『くにまるジャパン 極』に中原俊明代表弁護士が出演/666回テーマ 「追突事故に遭った場合、被害者がとるべき対応」編 2022年01月25日

弁護士の中原です。

今週の『くにまるジャパン極』では、交通事故をテーマにして、もし追突事故に遭ったらどうすればよいか、というお話をしました。

先日は、都心でも雪が降って、翌日の路面が凍結した、というニュースがありましたが、特に運転には気をつけなければいけない時期となりました。
ただ、気を付けていても、交通事故に遭ってしまうこともあります。
もし、不運にも交通事故に遭ってしまい、身体になにかの異変があったり、違和感を覚えるようなことがあれば、まず医師の診察を受ける、これがいちばん大切なことです。被害者のなかには、もし体の調子がおかしくても、仕事が忙しいとか、たいした怪我ではないだろう、と自分で判断して、診察を後回しにしてしまう方が多くいます。その後、怪我や病気がわかり、通院したとしても、事故からの受診までの間隔が開いてしまうと、保険会社に因果関係を疑われて、本来なら受け取れたはずの賠償金が受け取れなくなってしまう可能性があります。また、警察は、事故の当事者に目立った外傷がないと、物損事故として処理することがありますが、そんな時もすぐ病院に行って、「事故によるケガです」と診断されれば、人身損害についての賠償金を求めることができます。

事故に遭ってしまったら、その直後から自分の体の状態をよく観察して、お医者さんに自分が感じる異変、違和感などを細かく伝え、必要な検査を受けて、証拠書類となるカルテや診断書をきちんと書いてもらうことが大切です。こうした証拠がないと、後で保険会社とのトラブルになったり、後遺症が残った場合に障害認定の場面でマイナスになってしまう可能性があります。

また、事故で怪我をした場合は、保険会社から慰謝料を受け取れますが、支払われる金額は、治療にどれくらい時間がかかったにより変わります。長ければ長いほど、その間ずっと痛かったんだろう、仕事や生活も負担があって大変だったろうと判断されます。また捻挫、打撲などの怪我だと、治療期間に加えて、治療を受けた頻度、回数も慰謝料の額に関わってきます。

例えば、追突事故に多い「むちうち」の場合、実際どれだけ痛いか、日常がどれだけ不自由か、他人が判断するのは難しいのです。ですが、そのため、それだけに病院に行った回数が少ないのは、それほど辛くない、痛みも少ないだろうと慰謝料を値切られる原因になります。総合病院などを受診しており、なかなか診察が受けられないのは仕方がないので、単に頻度が少ないといった理由だけでは減額の対象になりませんが、受けようと思えば受けられるのに、忙しいとか面倒だという理由で通院しないのがマイナスということです。

また、接骨院や整体院など、東洋医学による施術を希望する場合は、まず医師の診察を受け、相談して許可を受けてからの受診をお勧めします。最近では、医師が治療上必要と認めて、施術を受けた場合は、費用が認められる傾向にあるからです。逆に、医師の指示がないのに施術を受けてしまうと、いったん保険会社が立て替え払いをしても、最終的な示談の場で支払いを拒まれ、慰謝料がその分カットされる可能性があります。

交通事故に遭ったら、なるべく早く病院に行く、と同時に、経験豊富な弁護士に相談することをお勧めします。ホームワンにお気軽にご相談いただければと思います。

◇日時
 毎週火曜 9:45~
◇放送局
 文化放送
◇番組名
 『くにまるジャパン極』
◇コーナー名
 「得々情報 暮らしインフォメーション ホームワン法律相談室」
◇666回テーマ
「追突事故に遭った場合、被害者がとるべき対応」
◇出演
 番組パーソナリティ 野村邦丸さん
 番組火曜日パートナー 西川文野さん
 法律事務所ホームワン 中原俊明弁護士

最新のメディア情報

2022年03月29日
文化放送『くにまるジャパン 極』に中原俊明代表弁護士が出演/675回テーマ 「交通事故の遅延損害金」編
2022年01月25日
文化放送『くにまるジャパン 極』に中原俊明代表弁護士が出演/666回テーマ 「追突事故に遭った場合、被害者がとるべき対応」編
2021年08月31日
文化放送『くにまるジャパン 極』に中原俊明代表弁護士が出演/646回テーマ 「電動キックボードと法規制」編
メディア情報一覧
ホームワンでは、お客様の状況やご希望に合わせて、来所・電話・オンラインでのご相談を承っております。
弁護士アイコン

選んで答えるだけ!

交通事故相談チャット