文化放送『くにまるジャパン 極』に中原俊明代表弁護士が出演/508回テーマ 「交通事故にあってしまったら」編 2018年12月25日

代表の中原です。
今日はクリスマスですね。

今朝の『くにまるジャパン 極』では、不幸にして「交通事故にあってしまったら」というテーマでお話ししてきました。事故直後は気が動転して、何を、どうしたらいいかわからないというのが誰でも普通だと思います。状況に応じて、いくつかのポイントがあるので覚えておいてください。

まず、事故の直後ですが、これは被害の状況にかかわらず、かならず警察に連絡してください。またケガをしていたら、たとえかすり傷程度だとしても、あまり痛みが無かったとしても、出来る限り事故当日のうちに病院に行くようにしてください。保険会社から賠償金が支払われるためには、そのケガが交通事故と関係性がある、と認められなければなりません。事故からしばらく経ってから病院に行くと、「事故とは無関係ではないのか?」と疑われてしまう可能性もあります。当日が難しい場合でも早めに病院に行くようにしてください。

次は、もし、まだ痛みがあり、治療を続けたいのに、相手方の保険会社から治療の打切りを通告された場合です。治療費が払われないのだったら、痛みが残っていても通院を我慢してしまうかもしれません。でも治療が必要かどうかを決めるのは、保険会社ではなくて医師です。医師と相談して、治療が必要だということを保険会社に伝えてください。

最後に、示談交渉の場面です。治療が終わると、保険会社から慰謝料などを含めた示談金が提示されます。この示談金は、交渉することで増額する可能性があります。絶対に上がるというわけではありませんが、この1年間にホームワンで査定した示談案では、80%以上の方に示談金の増額見込みがあるという集計結果が出ています。また、ホームワンに示談金の交渉をご依頼いただいた方のうち、3人に1人は100万円以上増額しているという統計もあります。示談金は交渉で増額する可能性があることはあまり知られていないので、ぜひ覚えておいてください。

ホームワンでは、「示談金 無料査定サービス」を行なっています。このサービスでは、まず保険会社の示談提示額が適正か、弁護士が査定します。低すぎるという結果の場合は、その後の示談交渉も「着手金無料」でお受けしています。成功報酬は、最初の提示額から増額した場合に限り、増額分の税別20~30%を後からお支払いいただく「完全成功報酬制」です。獲得した示談金から何割かをいただく。という形ではないので、増額した金額が少なくて、弁護士費用の方が高くついてしまった、ということがないので安心して利用いただけます。
これまでたくさんの方にご利用いただきまして、示談金の総額は50億円を超えました。一度示談に応じると、後からくつがえすのはかなり難しくなります。示談金の提示をされたら、まずはお気軽にご相談いただければと思います。

不幸にして事故にあってしまい、ただでさえ、身体的、精神的な負担がある中で、保険会社とのやり取りはさらなる精神的な負担になりかねません。
弁護士に依頼すれば、相手の保険会社と直接やり取りする必要もなくなり、法律的な観点からしっかりとサポート出来ますので、精神的な負担もかなり軽減されるのではないでしょうか。

【出演情報】
◇日時
 毎週火曜 9:45~
◇放送局
 文化放送(関東エリア)
◇番組名
 『くにまるジャパン 極』
◇コーナー名
 「得々情報 暮らしインフォメーション ホームワン法律相談室」
◇508回テーマ
 「交通事故にあってしまったら」
◇出演
 番組MC 野村邦丸さん
 番組パーソナリティ 鈴木純子さん
 法律事務所ホームワン 中原俊明 代表弁護士

最新のメディア情報

2019年06月11日
文化放送『くにまるジャパン 極』に中原俊明代表弁護士が出演/531回テーマ 「あおり運転の規制」編
2019年04月16日
文化放送『くにまるジャパン 極』に中原俊明代表弁護士が出演/524回テーマ 「無罪判決・トラックと自転車の衝突死亡事故」編
2019年01月22日
文化放送『くにまるジャパン 極』に中原俊明代表弁護士が出演/512回テーマ 「交通事故の治療費あれこれ」編
メディア情報一覧