弁護士費用特約について

0120-316-279ご相談予約受付/5:30-24:00
(土日祝も受付)
Webから査定申込

弁護士費用特約について

加入している保険に弁護士費用特約が付いていれば、 保険会社が弁護士費用を負担してくれます

交通事故の被害者であるあなたが加入している保険に「弁護士費用特約」はついているでしょうか?

弁護士費用特約は、あなたが弁護士に示談交渉を依頼する際の「着手金、弁護士報酬」、 「訴訟費用(仲介、和解、調停)」等を負担してくれる特約です。この場合、当事務所から保険会社に弁護士費用を請求するため、限度額(300万円が一般的です)までは、あなたが弁護士費用を負担する必要はありません。

あなたが加入している保険に弁護士費用特約が付いているか、もう一度お確かめください!ご家族の保険に弁護士費用特約が付いている場合、 あなたにも適用される場合があります。 ご家族の保険も合わせてご確認ください。

頼れる弁護士費用特約。ぜひ保険の内容のご確認を

弁護士費用特約は、保険会社や、加入している保険の内容により異なります。また、「弁護士費用特約」、「交通事故弁護士費用特約」、「弁護士費用等担保特約」、「もらい事故アシスト」等、各保険会社で名称も異なります。

一般的に、弁護士費用特約ではこんなことができます。

ぜひ、あなたの自動車保険をご確認ください

※注意
弁護士費用として請求した金額が300万円の範囲内であっても、当然に保険金として支払われるわけではないので、必ず事前に保険会社に対してご確認ください。 また、各保険会社により約款が異なり、免責事由となる事項が異なる場合があるので注意が必要です。

弁護士費用特約が使えるケース、使えないケース

このように、交通事故に遭ってしまったときに非常に役立つ弁護士費用特約ですが、 事故の態様によって、特約を使えるケースと使えないケースがあります。

弁護士費用特約を使えるケース 弁護士費用特約を使えないケース
・相手が交渉に応じてこない
・相手が賠償しない
・過失割合について双方の言い分が異なり、話し合いが進まない
・物損や人損でも損害額が大きく、損害額の認定に納得がいかない
など
・相手方が適正に処理をしている場合
・保険の約款上、支払いに該当しない など

弁護士費用特約付帯の有無をご確認頂くとご相談がスムーズです

ご相談の際には、これらの保険をご確認ください。

※いずれも特約を利用する際には、事前に保険会社に承諾を得る必要があります。

交通事故の被害者となってしまい、さらに示談交渉でもお悩みの方は、ぜひご相談ください。

弁護士費用特約が適用できる場合の費用

以下の費用は当事務所から保険会社に請求する額で、お客様が負担する額ではありません。
税別で表記しています。
法律相談料 30分/5000円
着手金 任意交渉 回収見込額 着手金
125万円以下 10万円
125万円を超え、300万円以下 回収見込金の8%
300万円を超え、3000万円以下 回収見込金の5%+ 9万円
3000万円を超え、3億円以下 回収見込金の3%+ 69万円
紛争センター、調停、訴訟 任意交渉の着手金の1/2
報酬金 回収額 成功報酬
300万円以下 回収額の16%
300万円を超え、3000万円以下 回収額の10%+18万円
3000万円を超え、3億円以下 回収額の6%+ 138万円
日当 往復2時間を超え4時間まで 3万円
往復4時間を超え7時間まで 5万円
往復7時間を超える 10万円
実費 収入印紙代、郵便切手代、謄写料、交通費、通信費、宿泊費、保証金、供託金など

示談金無料査定サービスのご案内