休業損害についてのよくある質問

0120-316-279ご相談予約受付/5:30-24:00
(土日祝も受付)
Webから査定申込

休業損害についてのよくある質問

示談交渉における診断のポイント

交通事故でケガを負ったために働くことができず、本来、働いていたら得られたであろう収入が得られなかった場合には「休業損害」として賠償の対象になります。

休業損害は、基礎収入の日額に日数をかけて算出しますので、基礎収入をいくらとするかで金額に影響が出ます。安定収入を得ている給与所得者(サラリーマン等)であれば、給与明細等から基礎収入を算出できますが、個人事業主や会社役員の場合は、確定申告上の収入額と実際の収入額が異なることもあるので、基礎収入をいくらとするかが争われることがあります。また、家事従事者(主婦、主夫)も休業損害の対象になりますが、兼業の場合はやはり基礎収入が争いになることがあります。

原則として、交通事故が原因で得られなかった収入は賠償対象になるため、その証明資料を用意できるかどうかが重要になります。

休業損害についての基礎知識はこちらをご覧ください。
交通事故の基礎知識:休業損害と逸失利益

休業損害についての質問一覧

よくある質問メニュー