示談金・慰謝料、なぜ増える?その答えは、算定基準が違うから。保険会社が提示する金額は、弁護士が交渉したときの金額より安いことがほどんど!弁護士があなたの代わりに、治療費、慰謝料、休業損害等の裁判基準に基づいて算定された損害額を保険会社へ請求、交渉することにより、示談金・慰謝料が大幅に増額します

お客様の声3
ほかにも相談した法律事務所は何件かありましたが、決め手は弁護士費用でした。他の事務所は費用が高かったです。

M.K様(仮名)/2018年05月

※増額した分の20%(後遺障害等級認定あり)・30%(後遺障害等級認定なし)が10万円に満たない場合の成功報酬は10万円(税別)となります。 増額分が20万円未満の場合、成功報酬10万円(税別)は適用せず、増額した分の50%(税別)に減額致します。

※保険会社から示談金を提示されている方の費用体系です。

例) 保険会社の提示額200万円が240万円に増額したケース

加入している保険に「弁護士費用特約」が付いていれば、弁護士費用の負担はありません。

また、ご家族の保険に弁護士費用特約が付いている場合、あなたにも適用される場合があります。ご家族の保険も併せてご確認ください。

  • <事故内容>
    被害者が仕事で国道を時速50kmで走行していたところ、対向車線を走行していた加害者がセンターオーバーで突っ込んできて、被害者が運転する自動車と正面衝突。被害者は重傷を負い、入院は100日に及び、退院後も長期にわたってリハビリを行ないました。症状固定後、右腕に障害が残り、12級6号の後遺障害等級認定を受けました。
  • <相談内容>
    被害者は、加害者側の保険会社から提示された示談金に増額の余地があるかなどを知りたいとして、ホームワンの『示談金無料診断』を申し込まれました。
  • ホームワンの
    対応と結果
    示談内容を弁護士にて査定したところ、増額が見込めたため、その増額を実現するために依頼となりました。加害者のセンターオーバーによる正面衝突事故であったため、過失責任が争われることはなく、傷害慰謝料、後遺障害慰謝料、後遺障害逸失利益を裁判基準で交渉した結果、約982万円と大幅に増額することができました。
  • <事故内容>
    午後2時ごろ、被害者が自動車で信号待ちをしていたところ、居眠り運転の加害者が後方から突っ込んできて追突しました。追突の衝撃で、被害者車両は前の車両にも衝突し、3台の玉突き事故になりました。週4~5回のペースで整形外科に通院してリハビリを受けましたが、治療開始から6カ月に差しかかったところで、まだ頚部周辺に痛みが残っており、医師の判断で症状固定となりました。
  • <相談内容>
    加害者側の保険会社から提示された示談金の妥当性を知りたいとして、ホームワンの『示談金無料診断』を申し込まれました。
  • ホームワンの
    対応と結果
    頚部に痛みが残っていることに注目して、被害者と協議の上、示談交渉に入る前に後遺障害の等級申請(被害者請求)をおこなうことにしました。結果、将来においても回復が困難と見込まれる障害と捉えられ、「局部に神経症状を残すもの」として14級9号に認定されました。また、示談交渉の結果、保険会社提示額の5倍近い金額での示談となりました。本件は被害者が弁護士費用特約に加入していたため、被害者は獲得示談金の全額を手にすることができました。
  • <事故内容>
    走行中の自動車の助手席に乗っていたところ、対向車の相手方がセンターオーバーで正面衝突し、その衝撃で、被害者は、胸骨骨折、頚椎圧迫骨折、胸椎多発圧迫骨折等の重傷を負いました。事故の原因は相手方運転手の居眠り運転でした。
  • <相談内容>
    等級認定後、加害者の保険会社から671万円を最終支払金額をとする示談金が提示されたため、この示談金が妥当なものかどうかを知りたいとして、ホームワンの『示談金無料診断』を申し込みました。
  • ホームワンの
    対応と結果
    弁護士が査定をおこなったところ、提示された示談金のうち、傷害慰謝料、後遺障害慰謝料、後遺障害逸失利益で大幅な増額が見込まれ休業損害でも増額の余地があったため、これらの増額を目指して依頼を受けました。加害者側の保険会社との交渉に当たって、事故原因が加害者の居眠り運転で、重大な過失に該当すること、事故による障害で退職せざるを得なかったこと、日に何度も身体を休めないと家事ができなくなったことを強く主張した結果、最終支払金額を約1,700万円とする大幅な増額で示談に至りました。

ホームワンの示談金無料診断の特長

お客様の声1
迅速に対応していただきありがとうございました。
保険会社よりゼロ回答であった逸失利益で、当方の想像以上の金額が示談のレベルで確保でき満足しております。

S.T様(仮名)/長野県 2018年06月

お客様の声2
無料相談から丁寧な対応をしていただき、依頼してからも連絡、書類等送付が早くて解決まで時間がかからなかった。ありがとうございました。

M.M様(仮名)/2018年06月

お客様の声3
今回は大変ありがとうございました。想像以上の賠償でした。迅速かつ丁寧な対応で、とてもスムーズに事が進みました。感謝致します。

O.S様(仮名)/神奈川県 2018年04月

お客様の声4
一言、“これがプロというものか”と尊敬してしまいました。相手にスキを見せないような言葉、説明の仕方にびっくり、金額の大きさにびっくりでした。
頼んで良かったと思っています。ありがとうございました。

A.R様(仮名)/神奈川県 2017年08月

ご相談を受けていて、保険会社の言うことだから、間違いはないだろうし、金額も変わらないだろうと思っている方が非常に多いことに驚きます。

交通事故被害に遭われた方は、仕事を休んだり、通院したりと様々な不都合が生じます。ましてや、後遺症が残るような方は、今後の生活にも少なからず支障をきたしてしまいます。法律は、そういった方の補償を認めています。

何も知らずに、保険会社に提示された金額で示談してしまわないように、みなさんの気持にも寄り添いながら、粘り強い示談交渉を心掛けています。

代表弁護士

ホームワンの示談金無料診断の特長