文化放送『くにまるジャパン 極』に中原俊明代表弁護士が出演/423回テーマ 「交通事故・座席別の死亡率と示談案無料査定サービス」編

0120-316-279ご相談予約受付/5:30-24:00
(土日祝も受付)
Webから査定申込

文化放送『くにまるジャパン 極』に中原俊明代表弁護士が出演/423回テーマ 「交通事故・座席別の死亡率と示談案無料査定サービス」編

2017年05月02日
弁護士法人 法律事務所ホームワン

代表の中原です。

ゴールデンウィークまっただ中,車の中でお聞きの方も多かったと思いますが,警察庁から興味深い調査結果が出ましたので,今週も交通事故に関する話題をお話ししてきました。興味深い調査結果というのは,去年,全国で起きた交通事故の座席別の死亡率です。助手席よりも後部座席が安全,というイメージが強いかと思いますが,実は今回の調査では,助手席よりも,運転席よりも,後部座席のほうが,死亡率が高いという結果です。シートベルト着用率が低いことが原因と分析されています。

最近はタクシーに乗ってもシートベルト着用を促すアナウンスが流れたりしますし,そもそも道路交通法では後部座席にもシートベルトの着用が義務付けられています。ただ,今のところ,一般道路では罰則がないため,ある調査によれば着用率はわずか36%に留まっているとのことです。今回の死亡率のデータを見ても,やはり後部座席でもシートベルトの着用は重要かと思います。

また,気を付けていただきたいのですが,シートベルト未着用で交通事故に遭うと,損害賠償を請求する際,過失とみなされて,金額を減らされてしまう原因にもなってしまいます。ちゃんとベルトをしていたら,そこまでのケガにならなかったでしょ,ということです。
ただ,こういった保険会社から提示される賠償金の額が妥当なのかどうか,素人には判断が難しいと思いますし,保険会社が提示する示談金は,保険会社の基準で計算しますから裁判になったときの基準よりも低いのが一般的です。そういった際は,是非,ホームワンの「交通事故被害 示談金 無料査定サービス」をご利用いただければと思います。このサービスをスタートして4年目になりますが,おかげさまで,多くの方にご利用いただいています。無料査定の結果,示談金の提示額が低すぎるとなったら,その後の示談交渉も着手金無料でご利用いただけます。弁護士が保険会社との交渉に当たり,被害者の方が面倒なやり取りをする必要は一切ありません。
事故で精神的に参っているところに保険会社との交渉は大変だと思いますし,費用面も,示談額がプラスできた場合のみ,増えた分の20%~30%(税別)を後払いでお支払いいただく「完全成功報酬制」です。つまり費用の方がかかって結局は損,ということもありません。皆さんが安心してご利用いただけるシステムです。

一度示談に応じると覆すのはほぼ不可能です。安全運転が第一ですが,これまでの実績から,査定をしたおよそ8割の方には増額の見込みがあることがわかっていますので,もし交通事故被害に遭われた時の為に,「示談金 無料査定サービス」を心のどこかに留めておいていただければと思います。

【出演情報】
◇日時
 毎週火曜 9:45~
◇放送局
 文化放送(関東エリア)
◇番組名
 『くにまるジャパン 極』
◇コーナー名
 「得々情報 暮らしインフォメーション ホームワン法律相談室」
◇423回テーマ
 「交通事故・座席別の死亡率と示談案無料査定サービス」編
◇出演
 番組MC 野村邦丸さん
 番組パーソナリティ 鈴木純子さん
 法律事務所ホームワン 中原俊明 代表弁護士