文化放送『くにまるジャパン』に中原俊明代表弁護士が出演/372回テーマ 「後遺障害」編②

0120-316-279ご相談予約受付/5:30-24:00
(土日祝も受付)
Webから査定申込

文化放送『くにまるジャパン』に中原俊明代表弁護士が出演/372回テーマ 「後遺障害」編②

2016年05月03日
弁護士法人 法律事務所ホームワン

代表の中原です。

今日のくにまるジャパンでは,先週に引き続き,交通事故被害の賠償金額に関係の深い,「後遺障害」について,少し具体的な手続きの話をしてきました。

後遺障害の認定を受けるには,まず診断書が必要です。この場合の診断書というのは,「後遺障害診断書」という特殊なもので,後遺障害の認定については,この「後遺障害診断書」の内容が重視されます。そこで,医師にも,とりわけ丁寧に作成してもらう必要があります。

「後遺障害診断書」を発行してもらえたら,次は後遺障害の申請をする訳ですが,この申請を,被害者自ら行なうか,加害者の任意保険会社経由か,どちらかを選んで行なうことになります。

保険会社経由だと,後遺障害診断書を送ればそれ以外の書類はすべて揃えてもらえるので簡単ですが,それ以外に出したい証拠があっても出すことができないというデメリットがあります。

ご自身で行なう場合,必要書類を自分で揃えなければならず,そこは手間がかかって面倒かもしれませんが,その一方で,有利な証拠を出すことができるメリットがあります。

ただ,どちらの方法にしても,認定されない場合もありますので,その場合は,裁判所で争ったり,損害保険料率算出機構に異議申し立てを行なうことになります。もちろん,医学的に有利な証拠がなければ,いずれにしても認定を受けることはできませんので,医療記録を取り寄せたり,新しい検査を受けて,自分に有利な証拠を集める必要が出てきます。

ご自身では難しそうだなと思われたら,弁護士に依頼することも考えてみてもいいかもしれません。
弁護士に依頼すれば,賠償金額の交渉や訴訟になった場合でも一緒に依頼する事が出来るので,そういった意味でも便利かと思います。ただ,医学的知識が重要になってくる案件なので,交通事故専門の弁護士を選ぶことをお勧めします。

【出演情報】
◇日時
 毎週火曜 9:45~
◇放送局
 文化放送(関東エリア)
◇番組名
 『くにまるジャパン』
◇コーナー名
 「得々情報 暮らしインフォメーション ホームワン法律相談室」
◇372回テーマ
 「後遺障害」編②
◇出演
 番組MC 野村邦丸さん
 番組パーソナリティ 鈴木純子さん
 法律事務所ホームワン 中原俊明 弁護士