文化放送『くにまるジャパン』に中原俊明代表弁護士が出演/362回テーマ 「交通事故の被害 慰謝料増額」編

0120-316-279ご相談予約受付/5:30-24:00
(土日祝も受付)
Webから査定申込

文化放送『くにまるジャパン』に中原俊明代表弁護士が出演/362回テーマ 「交通事故の被害 慰謝料増額」編

2016年02月23日
弁護士法人 法律事務所ホームワン

代表の中原です。

今日は,交通事故の慰謝料が増額されるケースについてお話ししてきました。

通常,慰謝料には相場がありますが,加害者の過失が重大なものや,事故が悪質だった場合等,また,事故の後の加害者の態度が非常によくなかったりすると,増額が認められるケースがあります。

具体的には,加害者が無免許運転だったり飲酒運転だったり,また信号無視をしていたり,スピード違反が度を越していたり。こうした社会的に非難を受けるケースです。

それから,加害者の態度では,最悪なのが「ひき逃げ」,また事故の証拠を隠滅した場合,被害者を侮辱した場合。さらに,ケガや後遺障害で,生きがいとなっていた趣味ができなくなってしまった…といった,著しい精神的苦痛を受けたケースでも,増額が認められることがあります。

実際にあった裁判の判決をご紹介します。

まず加害者の過失が重大,事故の様子も悪質なケース,さらに加害者の態度もヒドかったという事件です。この事件は,自動車同士の衝突事故なのですが,原因は加害者の飲酒運転でした。そして事故の直後,加害者はケガした被害者を助けずにその場から逃走した…。
判決では,通常よりおよそ50万円,慰謝料の増額が認められています。

もう一つの事例は,被害者は30代の男性で,交通事故のため,生きがいだったマラソンができなくなってしまいました。
骨盤が変形して,足首を動かせる範囲が狭くなってしまい,足の指1本が動かなくなる障害が残ったのです。マラソンを走れなくなった事で,90万の増額が認められました。

ただ,慰謝料の増額については,ケースバイケースですので,ご紹介した判決でも「飲酒運転,プラス,ひき逃げ」なら50万円増額と一律に定められているわけではありません。

裁判では,それぞれの事件の特徴から,どのくらいの慰謝料の額が妥当なのか,裁判官が適正な判断をして決めることになっています。

今回紹介した事例に心当たりがなくても,保険会社から提示された示談案が妥当かどうか,示談案に不満がある方など,少しでも専門家のアドバイスが欲しいという方は,是非,ホームワンの「示談金無料査定サービス」をご利用いただければと思います。


【出演情報】
◇日時
 毎週火曜 9:45~
◇放送局
 文化放送(関東エリア)
◇番組名
 『くにまるジャパン』
◇コーナー名
 「得々情報 暮らしインフォメーション ホームワン法律相談室」
◇362回テーマ
 「交通事故の被害 慰謝料増額」編
◇出演
 番組MC 野村邦丸さん
 番組パーソナリティ 鈴木純子さん
 法律事務所ホームワン 中原俊明 弁護士