歩行者が青、自動車が赤、横断歩道上の事故の過失割合

0120-316-279ご相談予約受付/5:30-24:00
(土日祝も受付)
Webから査定申込

歩行者が青、自動車が赤の場合の過失割合

事故対象:
歩行者と自動車
事故現場:
信号のある横断歩道上
歩行者と自動車・単車の事故において、実務上、最も多い事故態様は、歩行者が道路を横断する場合です。そこで、まずは横断歩道を渡るときのケースを見てみましょう。

事故状況

事故状況

信号機が設置されている横断歩道では、事故の際に信号が何色だったかが、
過失割合を認定する際にたいへん重要です。

たとえば、歩行者が、信号が青信号で横断歩道を渡りはじめ、そこに、自動車が赤信号で進入してきた場合は、過失割合は基本として0:100になります。

歩行者が横断中、青信号が点滅したら?

青信号で歩行者が横断をはじめ、横断中に青信号が点滅した時点で事故に遭った場合でも、過失割合は基本として0:100です。これは、道路交通法上、横断歩道をわたる歩行者が強く保護されていることによります。

歩行者が横断中、信号が赤になったら?

とはいえ、青信号が点滅している間に横断を終わらず、赤信号で横断を続けていた時点で事故に遭った場合には、歩行者の過失が認められる可能性があります。

ここで紹介したのは、あくまでも一般的な基本の割合です。個別の事故の状況によって過失割合は異なってきますので、ご自分の事故の過失割合についてご不明な方は、ご相談ください。

※参考
財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部『民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準 2010』通称「赤い本」

単車右折、四輪車直進の場合
横断歩道上の事故。歩行者が赤、自動車が黄の場合