慰謝料について(精神的損害の賠償)

0120-316-279ご相談予約受付/5:30-24:00
(土日祝も受付)
Webから査定申込

慰謝料(精神的損害の賠償)

財産的損害である「積極損害」「消極損害」と異なり、「慰謝料」は精神的損害に対する損害賠償です。

慰謝料は、以下3種類です。

  • 入通院慰謝料(傷害慰謝料)
  • 後遺障害慰謝料
  • 死亡慰謝料

金額の算定には、3つの基準があります。

  • 自賠責基準
  • 任意保険基準
  • 裁判基準

慰謝料の場合、どの基準によるかで金額が大きく違ってきます。他の損害でも自賠責基準だと金額が低くなるものが多々ありますが、この慰謝料は特に大きく違ってきます。

弁護士は、裁判基準にできるだけ近づけるように交渉するため、慰謝料は弁護士が介入することにより、増額する可能性が高い項目といえます。

例外的に、総治療日数と通院日数次第では、イの自賠責基準が最も高くなることがあります。
また、加害者に故意もしくは重過失(無免許、ひき逃げ、飲酒、信号無視等)がある場合、それが増額の理由になることがあります。

入通院慰謝料

交通事故でケガをしたことによって受けた精神的損害に対する慰謝料

→ 入院や通院の日数によって金額が異なります

自賠責基準では1日4200円とし実治療日数等も見て決めるため裁判基準より低くなります。

後遺障害等級慰謝料

治療終了後に残った後遺症による精神的損害に対する慰謝料

→ 認定された後遺障害等級によって金額が異なります

例えば、第1級の場合、自賠責基準だと1100万円ですが、裁判基準だと2800万円になります。

後遺障害等級の比較表

死亡慰謝料

被害者本人の精神的損害に対する慰謝料と、遺族が被害者の死亡により精神的苦痛を受けたことに対する遺族の慰謝料とがあります。

1.自賠責基準による死亡慰謝料

被害者本人に対する慰謝料遺族に対する慰謝料被扶養者がいる場合
請求権者1名350万円550万円200万円加算
請求権者2名350万円650万円200万円加算
請求権者3名以上350万円750万円200万円加算

2.任意保険基準による死亡慰謝料

保険会社各社の基準に基づいて算出されており、自賠責基準より大きく、裁判基準より小さい金額であることがほとんどです。

3.裁判基準による死亡慰謝料

実務で使用されている通称「赤い本」(財団法人 日弁連交通事故相談センター東京支部 『民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準』)に、このように記載されています。

死亡者が・・裁判基準
一家の支柱2800万円
母親、配偶者2400万円
その他2000万円~2200万円

本基準は具体的な斟酌事由により、増減されるべきで、一応の目安を示したものです。

  • (注1)「その他」とは独身の男女、子供、幼児等をいう。
  • (注2)本基準は死亡慰謝料の総額であり、民法711条所定の者(父母、配偶者および子)とそれに準ずる者の分も含まれている。
  • (注3)死亡慰謝料の配分については、遺族間の内部の事情を斟酌して決められるが、ここで基準化をしない。

次は…