交通事故の賠償に関わる4つの保険

0120-316-279ご相談予約受付/5:30-24:00
(土日祝も受付)
Webから査定申込

交通事故の賠償に関わる4つの保険

自賠責保険、任意保険、労災保険、健康保険について、わかりやすくまとめました。
さらに、ひき逃げの場合の国の救済制度である「政府保障事業制度」もご紹介します。

自賠責保険

自動車損害賠償保障法(自賠法)に基づき、加入を義務付けられている強制保険のことをいいます。自賠責保険の補償対象は対人賠償のみであり、対物賠償はその対象となっていません。自賠責保険の保険金額は政令で定められています。
平成14年4月1日以降の事故については、死亡が3000万円、後遺障害は後遺症の等級により14級の75万円から1級の4000万円まで一定の金額が支払われます。傷害についての保険金額は120万円までの範囲で、実際に発生した損害額が支払われます。
補償がこれで足りない場合、任意保険で補うことになります。

自賠責保険の請求手続き

自賠責保険の保険金は加害者の損害賠償の支出を保障するものですから、加害者から請求するのが原則です(加害者請求)。しかし、本来、自賠責保険は被害者の保護のためにあるものですから、被害者側からの請求も認められています(被害者請求)。

更に、被害者が事故によって困窮しないように、示談が成立して保険金が出るまでの制度として仮渡金(注)があります。

(注)仮渡金

保有者の損害賠償責任の有無に関わりなく、賠償額が確定しない段階でも、賠償額の一部を仮渡金として保険会社に請求することができます。
仮渡金は、保険金支払の一部前渡しにあたりますから,後日保険会社が支払う保険金は、保険金の決定額から既に支払った仮払金を控除した残額を支払うことになります。

任意保険

任意保険は、自賠責保険とは違い、加入が強制されていません。また、自賠責保険の補償対象が対人賠償のみであるのに対し、任意保険ではその契約内容により、対物賠償や人身傷害保障等,多様な補償を取り扱っています。
対人賠償保険は、自賠責保険と任意保険の二本立てとなっており、人身事故が起き損害が発生した場合、まず自賠責保険から損害が補填されます。この保険金で損害額がカバーできない場合に任意保険で補います。

任意保険の補償内容には、次のようなものがあります。

車両保険 自分の車に破損が生じた時に支払われる保険です。
賠償保険 対人賠償保険と対物賠償保険があります。
搭乗者傷害保険 運転者または同乗者が事故によって死亡した、後遺障害、またはケガを負った場合に支払われます。
自損事故保険 他人を巻き込まず、単独事故で死傷した場合が対象です。
無保険車傷害保険 事故相手が保険に未加入だった場合に、自分の死傷を保障します。

任意保険の請求手続き

任意保険による保険金の請求は、本来、被保険者(加害者)が任意保険会社に対して行いますが、被害者保護の観点から、被害者が任意保険会社に対し保険金額の枠内で直接請求することも可能です(直接請求)。

任意保険による保険金の支払いは、自賠責保険分も一括して被害者に支払う一括払い制度があります。
また、傷害事故に関し治療費等の当面の既に発生している損害に関し、治療継続中や示談未成立のように全体としての保険金の支払が可能となる前であっても一定額の保険金の支払いを受けられる場合があります(内払制度(注))。

(注)内払制度

あくまでも保険会社がサービスとして行っている制度なので、保険会社に対して内払するように強制することはできません。内払制度が利用できない場合で被害者の生活が困窮しているような場合は、別途仮払い仮処分を検討する必要があるでしょう。

労災保険

交通事故が業務災害か通勤災害に該当し、自賠責保険の支払に先行して労災保険の給付を希望する場合、労働基準監督署長に第三者行為災害届を提出して賠償金を受け取ることができます。
ただし、自賠責保険に先行し労災保険の給付を受けた場合、その部分は自賠責保険からの支払いを受けることができません。

健康保険

労働者の業務外の事由による負傷及びその被扶養者の負傷に関して保険給付を行うもので、健康保険を利用して治療を受けることを希望し、全国健康保険協会の都道府県支部長に第三者の行為による疾病届を提出した場合、給付を受けることができます。

政府保障事業制度 ~ひき逃げなどの場合~

ひき逃げなどで加害車両の保有者が不明の場合などは、この制度による補償を受けることができます。
請求は、全国の損害保険各社、農協等の窓口で受け付けています。

  • ひき逃げで自動車の保有者が不明のとき
  • 自賠責保険に加入していない自動車での事故
  • 加害車両の自賠責保険の期限が切れているときの事故
  • 泥棒運転などで自動車の保有者の責任が全くない時の事故

こちらもご参照ください。
FAQ「自賠責保険と労災保険のそれぞれの利点は何ですか?」